2011年10月31日

もっこくの実

もっこくの実.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はすぎなみ詩歌館のイベントで企画された句会へ。

「ご近所句会」というネーミングで、杉並区報にも載ったらしく、

19名の方が参加してくださいました。ありがとうございます。

句会の進め方などを説明しながらで駆け足の句会でしたが、

参加してくださった方の声が好評でしたので、ほっとしました。

定例の句会は毎月第二火曜日の十時から詩歌館でひらいています。

定員に若干空きがありますので、よろしければこちらの方へご参加ください^^

 

句会後は「対岸」25周年記念祝賀会に出席するため新宿の京王プラザホテルへ。

主宰の今瀬剛一先生は私の大好きな俳人のおひとりです。

人柄がとっても魅力的なのですが、何よりもその詩情溢れる作品のファン。

句評で先生の句を取り上げると、評についての御礼と感想のお葉書をくださるので、

お忙しい方なのにすごいなあといつも頭が下がるばかりです。私なんて全くの筆不精で

本当に真似ができません。そんな先生との交流があってか、最年少のゲストとしてお招き

いただき、華やかな夜のひとときを過ごしてきました ♪

 

 

2011年10月24日

 

好きな絵の売れずにあれば草紅葉     田中裕明

 

 

井の頭公園に行く途中に小さな画廊があって、ときどき中を覗いてみる。

もうだいぶ前になるが、ふと目に入ったクリムトの複製がどうしても欲しくなって、

さんざん迷ったあげく、思い切って購入することに決めた。

一点ものではないけれど、それでも次に来るときにはもう無いかもしれない

という不安が、決心させたのだ。だからこの句の思いがよく分かる。

とても手の届かない額の絵だったら、きっと私もこんな思いがしたことだろう。

クリムトの「抱擁」と「ユディット」はいま、部屋で静かに金色の光を放っている。

 

田中氏の好きな絵とは、何だったのだろう。

手が届かないけれど、とっても好きな一枚の絵。画廊を通りかかるたびに

その絵がまだ掛かっているのを見ては、どこかほっとしているのだ。

まだ誰のものでもない一枚の絵も、いずれは誰かのものになってしまう。

安堵からくるささやかな嬉しさと同時にある手に入れることのできない淋しさ。

その辺りの心のありようが「草紅葉」にうまく投影されていて、心ひかれる。

 

2011年10月18日

アート&マート

金木犀a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金 木 犀 水 辺 の ご と く 光 り け り     由季

 

散り敷いた金木犀の花があたりを明るくしていて、

まるで水辺に花色を映しているかのようです。

 

10月23日(日)に行われる二子玉川商店街を会場に行われるイベント

「大山みちアート&マート」にて俳句大会の選者をつとめることになりました。

芸術の街・二子玉川のアートイベントで、俳句大会開催は初めてです。

というわけで、栄えある第一回大賞受賞のチャンス!!

10月23日~29日の期間に商店街に設置してある投句箱へご投句ください。

兼題は「秋晴」「蜻蛉」または当季の自由題です。

発表は二子玉川生活情報紙「フタコノオト」12月号に掲載予定です。

選者は「フタコノオト」で俳句欄連載中で二子玉川で句会をひらいている

俳人・堀本裕樹氏と世田谷区在住の私。ともに世田谷縁の俳人がつとめます。

こちらに詳細掲載されています。 

 

アートイベントや出店もたくさんあるそうなので、家族連れで遊びに来ても

楽しそうですよ。ぜひ、お出かけついでに、一句作ってみてください。

私も23日のイベントには顔を出す予定でいます ^^

 

 

 

 

 

2011年10月17日

豆本と色紙

豆本 その1.jpg豆本 その2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日のお祝いに、「んがん句会」でこんな素敵なものを作ってもらいました。

写真見て、分かりますか?

そう、豆本です。サイズ比較のために、MONOの消しゴムを隣に置いてみたので、

その小ささがわかりますでしょ。中身には句会で出した句がほぼ収録されています。

和綴じ(高貴綴じ)で角布は濃紺の水玉、左にあるのは豆本を仕舞うケースです。

とっても丁寧に作られてあるんです。サプライズプレゼントだったので、その驚きに、

一瞬言葉を失いました。私のイメージで作ってもらったとのことで、さらに感動です。

世界で一つの自分だけの豆本。こんなに素敵なものを贈ってくれたその気持ちに

何よりも感激しました。狐穴さん、本当にありがとうございます!!

 

それからもう一つ、

 

色紙1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日祝句色紙です。こちらはんがん句会恒例になりつつ?あるので

貰えるのを分かりつつ、楽しみにしていたもの。

少し照れくさいけれど、いやいや、なかなかいいものですね。

頑張って作ってくれている感じのもあって、頬がゆるみます。

こちらも実はプレミアが。この日に初参加だったイラストレーターの

あずみ虫さんが、祝句の代わりにイラストを入れてくれることに。

挿画で大きな賞をとられて、雰囲気のある素敵なイラストを描かれる方です。

みなさんの思いがぎゅっと詰まった色紙、もう、一生大事にしますからね!!

個性豊かないい仲間と出会えて、本当にしあわせものです。

 

 

2011年10月12日

近況

石榴.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風に乗る金木犀の香に、真赤に裂けた石榴の実に、ゆっくりと季節が動いているのを感じて

います。束の間のいい季節、身も心も爽やかに過ごしたいですね。

 

三連休は句会と俳句のイベントがあったので、まとまったお休みにはなりませんでしたが

連休最終日に控えていた世田谷の俳句大会が盛会でしたので、ほっとしているところです。

当日もさることながら、準備が大変なのですが、毎回楽しみに参加してくださる方々のお顔

を見ると、来年もまた頑張ろうという気持ちになります。自分の中からではなく、人からエネ

ルギーをいただいて前に進めることって、たくさんありますね。

 

日曜日の夜の「んがん句会」では誕生日のお祝いに、とっても素敵なサプライズプレゼントを

いただきました♪ もう感動ものです。

すぐ披露したいところなのですが、もう一つ、みなさんに祝句をいただいた色紙がお店に置い

てきているので、近いうちにセットで披露したいと思っています。

 

 

 

2011年10月 1日

屋根猫

屋根猫2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、「海」10月号の発送、無事終了しました!

私は午後から早稲田のカルチャーが入っていたので、

少し早めにあがらせてもらい、お昼をとってから講義へ。

涼しくなってきたので、90分立って話すのがだいぶ楽に

なってきました。夏は節電もあって暑さと酸欠でふらふら

して大変でした^^;

来月は懇親会があるので、教室を離れてみなさまとお話し

できるのが今からとても楽しみです。

 

サイトを作ってもらっている友人夫妻に今年も誕生日を

祝っていただきました。しかもちょうど生まれたばかりの第二子

をつれてお母さんと戻ってきていたので、去年とは違った雰囲気で

アットホームなお祝い会でした。手巻き寿司とお手製の林檎ケーキ、

とっても美味しかったです。ありがとうございます&ありがとーもとくり♪

 

 

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.