タグ「冬 時候」 の検索結果(1/1)

2010年12月27日

 

数へ日の欠かしもならず義理ひとつ    富安風生

 

(かぞえびの かかしもならず ぎりひとつ)

...............................................................................................

「数へ日」とは年内も残りわずかとなり、指折り数えるほどの日数となる頃のこと。

指折り、というのだから十日も切れば数え日といってもいいのだろうが、

実感としてはあと四、五日という頃だろう。年内に済ませておくことを

こなしつつ、新年を迎える用意も抜かりなく、という年の瀬の慌しい頃だ。

そういえば、「もういくつ寝るとお正月~」という歌があったけれど、

最近ではあまり聞いたことがない。この歌に歌われているお正月の風景は

もうどこか遠い世界のようだ。

歌の中では来る年を今か今かと心待ちにしながら残りの日数を数えているが、

「数へ日」のそれは、ゆく年を惜しむ感慨でもある。

 

特別に世話になった人なのだろう。年の瀬の慌しさの中、他のことは不義理を

しても、そのことだけは欠かすことなく続けている義理。

具体的なことは何も言ってはいないけれど、「義理ひとつ」には

世話になった方が亡くなったあとも、その奥様への歳暮のご挨拶は欠かさずに

伺う、というような義理を想像させる。それは日本人の心からだんだんと薄れて

いきつつある義理ではないか。それほどに「ひとつ」の一語は、作者の特別な

思いを感じさせるのである。

 

 

 

2010年12月16日

 

しんしんと寒さが楽し歩みゆく     星野立子

 

(しんしんとさむさがたのしあゆみゆく)

...........................................................................................

しんしんと寒さの募る日には、この句を口ずさむと元気が出る。

寒さの中にいると、体が縮こまってくるけれど、

この句は背筋を伸ばしながら、颯爽と歩いていく感じだ。

乾いた風がびゅうびゅうと吹きつけてくる寒さではなく、

少し湿り気があって、身に吸いつくような冬の寒さ。

「しんしん」というあたりに、そんな寒さを感じさせる。

それにしても、「寒さが楽し」と素直に言ってしまうところがいい。

そして寒さが楽しいと言えることは、とっても素敵だ。

 

寒さを厭わず前を向いてしっかり歩いてゆく。

深読みする必要はないが、この句には立子の人生に対する

向き合い方が出ているように思う。

 

 

 

2010年12月 9日

 

逢へば短日人しれず得ししづけさも    野澤節子

 

(あえばたんじつ ひとしれずえし しずけさも)

.............................................................................................

「もう、結構な時間になりましたか」

「あら、ほんとう、外がすっかり暗く...。まだ時間は早いのに。」

「ほんとうだ、冬の日暮れは早いね。まあ、そろそろ、帰りましょうか」

 

冬の暮れの早さは、人との別れの時間を早くもさせる。

「逢へば短日」には、日の短さによる逢瀬の短さを物足りなく

思う切な心がある。本当はもっと一緒にいて話をしていたいのだ。

逢瀬の短さを惜しみつつ、その一方で感じている「しづけさ」。

この静けさは、逢えたことに感じる心のやすらぎ。

人知れずと言っているけれど、その人は他の誰でもなくその相手のことを

指しているのだろう。要するに一方的な恋心。尊敬する師との逢瀬というような

ことを想像させもする。もっと同じ時間を過したいという思いと、逢えただけで

心が満たされるという思い。二つの思いが葛藤しているようで切なくも胸に響く。

 

かにかくに逢へばやすらぐ花柚の香

 

この句も私の好きな節子の句。

「花柚」は夏。強い思いだけれど、それは少女のようなひたむきな思いで

あることをその香りが感じさせる。「逢へばやすらぐ」。この思いがとても

好きだ。

 

 

2010年12月 6日

 

短日や凭れ傾く本の背   由季

 

(たんじつや もたれかたむく ほんのせな)

 

 

 

 

 

2010年11月29日

 

引く波は見えず十一月の海     由季

 

(ひくなみはみえずじゅういちがつのうみ)

 

 

 

2010年11月27日

 

あたたかき十一月もすみにけり     中村草田男

 

(あたたかき じゅういちがつもすみにけり)

...........................................................................................

11月も最後の週末。

歳時記の中だとどこか漠然としていたものが、

実際にその物や季節を体験するとすとんと腑に落ちる句がある。

私にとってこの句はその中のひとつ。

小春日のつづく11月は冬といっても暖かな日和が多い。

しかも年の終わりに近づいているにも関わらず時間の流れが穏やかだ。

12月に入ると一気に年末の慌しさとなる。

11月という穏やかに過ぎた日々への感慨。

「十一月の」ではなく「十一月も」には、11箇月という歳月の積み重ね

の感慨も同時に含まれている。

この時季に口ずさむと、何とも味わい深い一句。

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年11月14日

 

生きるの大好き冬のはじめが春に似て    池田澄子

 

(いきるのだいすき ふゆのはじめが はるににて)

.............................................................................................

小春日和も今日あたりまでで、

来週からは天気も崩れて冷え込みが厳しくなるらしい。

 

この句も小春日和を詠んだ句だ。

冬のはじめの暖かさを、そのまま素直に言っている。

「生きるの大好き」も「冬のはじめが春に似て」も表現は子供みたいに

素直で無邪気な感じがするけれど、なんだかこの句は深いなあと思う。

子供でもなく、若者でもなく、ある程度人生を経験した人でないと

たぶんこの季節は選べない。

春の穏やかさでなく、夏の力強さでなく、秋の爽やかさでもなく、

ましてや冬の厳しさでもなく、冬に入りたての微笑むような陽気に

出会えた思いもかけぬうれしさ。

もちろん、小春の浮き立った気分が「生きるの大好き」と素直に言わせた

句と鑑賞してもいいのだけれど、冬のはじめが春に似ていると言った作者の

言葉の中に、どこか人生の面白さみたいなものを感じさせてくれるのである。

そしてその面白さが「生きるの大好き」という思いを輝かせているように思う。

 

 

 

2010年11月11日

 

小春日やりんりんとなる耳環欲し   黒田杏子

 

(こはるびや りんりんとなる みみわほし)

..............................................................................................

立冬を過ぎて、穏やかな晴れの日が続いている。

「小春日」は冬の初めのころの春を思わせる暖かな陽気のことを言う。

ここ数日はまさに小春日だ。

俳句を始めた頃、「小春」という響きが冬の季語であることが新鮮だった。

そして冬の暖かさに「小春」と名づける昔の人の季に対する遊び心を

心憎いと思ったものだ。

「小春」は陰暦十月の異称。ほかに「小六月」とも言う。

陰暦の季節の表わし方は、表現が豊かだなとつくづく思う。

今の暦は分かりやすくて便利だけれど、やはりどこか味気ない。

 

掲句は「小春日」がとてもいい。もちろん「春」ではだめ。

ただ暖かい春では「りんりんと鳴る」が響いてこないからだ。

「りんりんと鳴る耳環欲し」という思いは、やはり小春の中にある

冬という季節と響きあっているのである。

 

 

2010年11月 7日

 

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ    川崎展宏

 

(ふゆという くちぶえをふくように ふゆ)

..............................................................................................

今日は立冬。暦の上では今日から冬になる。

それぞれの季節の立つ頃は前の季節が残っていて、季が変っても大抵

名ばかりという感じがするものだ。それでよく「暦の上では」と言ったりする

けれど、その暦の上がとっても大事。

体感だけで季節を感じていたら、古今集や源氏物語、枕草子など日本文学上の

季節の移ろいにおける豊かな情緒は生れなかったはず。

今日から冬、と思う心が、装いや調度に季節ならではの趣向を見せたり、

目に映るもの、肌で感じるもの、耳に聞こえるものの微妙な変化を気付かせて

くれるのである。

 

掲句、「冬」と言ってもそれは冬の入り口という感じ。句から厳しい寒さは感じない。

青々とひろがる空の下でひとり、「冬」と言ってみる。

「口笛を吹くやうにフユ」

言われてみれば「冬」だけが口笛を吹くように言える。まるで季節の移ろいを確かめる

一人遊びのようで、なんだかとても楽しそうだ。

アの母音が一音もないので、口をすぼめたまま言うことができて一句全体も冬使用と

いう感じ。「フユ」の表記もやがて吹き来る北風のヒューという音を思わせる。

表記や音に注目して見てもとても楽しい一句である。

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.