タグ「新年」 の検索結果(1/1)

2011年1月14日

 

村中の風を集めてどんど焚く     高橋悦男

 

(むらじゅうの かぜをあつめて どんどたく)

........................................................................................

「どんど」は小正月に行われる行事で、14日の夜、または15日の朝に

木や藁などで組み上げたやぐらの中に正月飾りや書き初めなどを入れて

焚きあげ、無病息災や五穀豊穣などを願う。

 

今年も三が日明けの伊豆の海辺や、東京に戻ってきてからの多摩川の河川敷で

どんどの櫓が作られているのをいくつも見かけた。

こういう風景を見ると、うれしい。

私は河川敷でのどんど焼きに参加したことはないが、小学生の頃に学校の校庭で

どんど焼きをしたことを懐かしく思いだした。

みんなで書き初めを入れたり、願いごとを書いた短冊を入れたり、もちろん正月飾りも

たくさんかけられてあった。だるまや竹をいれると、大きな音を立てて勢いよく爆ぜる。

その音に大騒ぎしながら、炎を上げる櫓を囲んで楽しんだ。

 

関東ではどんど焼きというけれど、東海地方より西では「左義長」(さぎちょう)と呼ぶ。

これは俳句を始めてから知ったこと。

 

今日もどんどを囲んでにぎやかな年神さまを空に送る行事が行われることだろう。

掲句は小さな村ごとのどんど焼きだろう。

みんなが正月飾りを持ち寄って高く積み上げられたどんど。

「村中の風を集めて」が、そんな村の和やかな景色を想像させる。

 

 

 

2011年1月 8日

 

松過ぎの一日二日水の如       川崎展宏

 

(まつすぎの いちにちふつか みずのごと)

............................................................................................

松過ぎは、松納め、飾り納めをして門松や注連飾りを取ってから

しばらくの間の日数のこと。

松の内ではないとはいえど、まだどこかしらその名残を宿しつつと

いった趣をこの松過ぎという時間には感じる。

でも松の内の一日、一日とそれを過ぎてからの日数では

一日の重さが違うのだ。正月から三日間は三が日と言って新年の来客や

行事があったり、四日からは仕事始めで年始のご挨拶があったりとだいたい

7日頃までは日にちに合わせての動きがある。

一日、一日がどこか立っているように感じられるが、松過ぎともなると

そのあたりが次第に緩んでくるのだろう。

一日、二日が水の如くに過ぎてゆくというのは、なるほど巧いことを言うものだ。

気付いたら一日二日経ってしまっていたという松過ぎへの感慨がさらりと過ぎ行く

水の早さに託されてうまく出ているように思う。

松過ぎという言葉の持つ静けさが「水」と響き合って、音無く過ぎ行く時の流れをも

感じさせてくれるようだ。

 

 

 

 

2011年1月 1日

 

手に受けて真澄の鈴の破魔矢かな     由季

 

 

 

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.