2012年1月30日

春待ち

日向猫.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まもなく立春。 春隣の気分となりたいところですが、

もう少し寒い日が続きそうですね。

 

月刊「俳句」2月号(角川書店)が発売されました!

新鋭作家競詠に「立春」20句を発表しています。

読んでいただけると嬉しいです♪

 

 

 

2012年1月23日

編集作業あれこれ

 

 

金曜日は東京會舘でひらかれた角川書店主催の俳人・歌人の新年会

で多くの俳人との交流を楽しんできました。

立食なので初めに色々な方と話してしまうと食事をとる時間がなくなって

しまうのが常なのですが、今年はまず初めは食事をしよう、と決めて動い

ていたので、例年になく色々食べることができました^^

決して食い意地が張ってるわけではなく、この方が心も身体も満足して

帰れることを経験から学んだのですよ。

東京會舘はやっぱりローストビーフとカレーが美味しいかな。

お鮨はものすごく並んだわりにはいまいちでした。

その後は同世代の俳句仲間の誕生日会が開かれている神保町の銀漢亭へ。

ここもお店の八割は俳人で埋まっているような状態で、妙なテンションで

楽しい時間を過ごしてきました。

ひさちゃん、お誕生日ほんとにおめでと♪ ひさちゃんの幸せを願っているよ。

(写真をアップしたいところなのですが、カメラを東京會舘に忘れてしまい、

しばらく写真が載せられません;)

 

週末はひたすら編集作業。「海」2月号の編集と「俳句月別歳時記」の改訂版

の編集作業に追われておりました。

編集チームの皆さま、丸一日、お疲れ様でした!!

「俳句月別歳時記」は来年「海」が三十周年を迎えるので、記念事業として

進めているもので、来年の発行になります。刊行以来、好評で売れ続いている

この歳時記。例句の差し替え、修正など、よりよいものになるように頑張って

おりますので、皆さま来年の改訂版をどうぞお楽しみに。

 

 

 

2012年1月20日

WAC40句会

wac3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 WAC40の皆様と、JX六本木クラブにて

(クリックすると大きくなります)

 

 

雪ですね。例年よりも遅い初雪。

東京の雪はこれから春にかけて本格的に降りそうです。

 

昨日は私の講座を受けてくださっている早稲田大学OBの方にお呼びいただいて、

同期会の有志でされているという句会にお邪魔してきました。

写真はWAC40(早稲田大学第一理工学部(W)応用化学科(Applied Chemistry)

昭和40年卒の略)の皆さまと。

私が生まれる前に卒業されているという、つまり大大大先輩。

皆さま立派な方々なので緊張しましたが、優しく迎え入れてくださって、

句会だけでなく食事会までご一緒させていただきました。

皆さま、そしてコーディネートしてくださった千尋さん、ありがとうございます!!

普通にしていたらお会いすることのない方々ともこうして交流することが

できるのは俳句のお陰。

俳句を通じて広がる縁をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

 

 

2012年1月17日

海新年祝賀会

海新年祝賀会1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日は青山のホテルで開かれた海俳句会の新年祝賀会に出ていました。

初句会も兼ねているので、毎年この日は着物で行くことにしています。

今年は母が若い頃から着ていたお気に入りの着物を着させてもらいました。

よくこの着物でお茶のお稽古に通っていたそうです。私が着ている姿を見て、

自分の若い頃を見ているみたい、と何だか嬉しそうでした。

海の大お姉さま達からもたくさん褒めていただきました^^

 

約160名出席の初句会。披講役をしましたが、さすがに読み終わる頃には

息が切れました。成績はふるいませんでしたけれど、龍年にあやかって、

ここからぐんぐんと昇っていけるように今年は頑張りますよー。

 

華やかな雰囲気に存分に浸った一日でした。

 

 

2012年1月13日

講座始め

まんりょう.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は早稲田大学オープンカレッジの講座始めでした。

取りあげたテキストは飯島晴子の『儚々』。

蛇笏賞を受賞した、生前最後の句集です。

 

初夢のなかをどんなに走つたやら

負ぶはれてみてなかなかの秋の風

白髪の乾く早さよ小鳥来る

さつきから夕立の端にゐるらしき

 

75歳でこの句集を出したのち、79歳で自ら命を絶った晴子。

晴子にとっての「老い」とはいかなるものであったのか。

句を通して抱いていた私の思いをみなさんに問いかけながら

句を読み解いていったのですが、晴子のどこかはぐらかすような

老いの受け止め方に「どこか素直じゃなくてもどかしい感じ」

「自己愛が強いように思う」というような意見が出てきたことが

今日はとても面白かったです。

短い時間でさらっと取りあげただけなのに、意外に本質に近い

ところまで感じとれているような気がしました。

講座で得たもろもろの宿題は、持ち帰って次につなげたいと思います。

 

 

2012年1月 9日

初旅

弓ヶ浜.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

初旅は昨年に引き続き南伊豆へ行ってきました。

写真は弓ヶ浜の海岸。ここで新年の句を詠むのを楽しみに

出かけているのですが、今年もいくつか海のいい句が出来ました。

それからもう一つ楽しみにしているのが、岬に住んでいる猫たちに

会うこと。いつもの場所にいくと、今年もたくさの猫たちが顔を見せて

くれました。

写真はちょうど一年前にも紹介したカブキ。また会えてよかった。

みんな野良なので、姿が見えなくなった猫たちもいるんです。

この子は人なつっこくて、野良にしては珍しいほどのんびりやさん。

しばらく膝に乗っていてくれました。

また会える日まで、元気にしているんだよ。

 

かぶき.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は蔵前の鳥越神社のどんと焼きへ。

明日の杉並句会から、いよいよ本格的に句会始動です!!

午後からは俳人協会の賀詞交換会に向かいます。

 

たくさん素敵な句を詠んで、素敵な句に出会えるよう、

2012年も頑張っていきたいと思います^^

 

 

 

2012年1月 1日

謹賀新年

千両の実.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年、新しい年が明けましたね。

皆さま、おめでとうございます。

 

今年の初詣は近くの松陰神社へ行って、

年の始まりを祈ってきました。

自分らしく笑顔で過ごせる年にしたいと思っています。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます ^^

 

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.