2011年5月12日

 

筍の光放つてむかれけり    渡辺水巴

 

(たけのこの ひかりはなって むかれけり)

......................................................................................

今は筍が美味しい季節。

掘り立ての筍をすぐにお刺身にして食べるのが

旬ならではの贅沢だが、なかなかこの贅沢にはありつけない。。

 なにせとってから二時間ぐらいが勝負の楽しみなのだ。

十二単を着ているかのように、厚い皮に覆われた筍の皮を

一枚、一枚剥がしていく。

筍の白々とした肌が見えてくるまではなかなか時間がかかるものだが、

「光放つて」には、筍の明るさを表わすとともに、ようやく見えてきたその姿に

はっとするようなよろこびを感じさせる。

 

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.