2011年4月 1日

 

人はみななにかにはげみ初桜       深見けん二

 

(ひとはみな なにかにはげみ はつざくら)

.............................................................................................

初桜とはその年に初めて咲いた桜のこと。初めて出会った桜の花ということ。

「ああ、今年も桜が咲き始めたなあ」という花に出会えた喜びがそこにはある。

俳句では花と言えば桜のことを言うが、花を待つ心というのはいつになっても

変わることがない。桜は日本人にとって特別な花だ。

そして桜の花ほど、日月のめぐりを感じさせてくれるものはない。

あと何回桜の花を見られるだろうか。そんな話が交わされるのも桜ならでは。

 

今年もまた桜の花が咲き始めた。

「人はみななにかにはげみ」という言葉が心に沁みる。

本当にその通りだと思う。

そしてそれは、「生きていく」ということと同義なのだと気付かされるのだ。

 

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.