2010年11月 6日

 

夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ   千代田葛彦

 

(ゆうずつに まつげすみゆく ふゆよこよ)

..............................................................................................

「夕づつ」は漢字で書くと「夕星」。ゆうずつと言って夕方になると

西の空にいち早く点る大きな星。宵の明星とも言い、金星のことを指す。

金星の最大光度は一等星の数十倍もあるのだそうだ。

地球のすぐ近くにある惑星とはいえ、、それだけの明るさを持つがゆえに

あれほど大きく輝いて見えるのだろう。

季節は秋から冬へ移り変わろうとしている。

夕星を見上げる眼差しはすでに冬の気配をとらえて覚醒してゆくかのようだ。

「冬よ来よ」――。冬を待つ心とは、やはり強き心であろう。

夕星、まつ毛、冬。句に描かれた空気がどことなくメルヘンの世界をも感じさ

せて、ふと藤代清治の影絵を思い起した。

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.