2010年10月18日

 

流星も入れてドロップ缶に蓋    今井 聖

 

(りゅうせいも いれてどろっぷかんに ふた)

 

ドロップ缶という響きがとてもなつかしい。

子供の頃、ドロップ缶を手に持っているだけでも

何か特別な気持がして嬉しかったのを思い出す。

缶にドロップがあたってガチャガチャと音を立てる感じや、

取り出し口の丸い穴から中身を幾度も覗いたこと。

取り出してドロップの色を選ぶ楽しさ。

半透明で一つ一つが宝石みたいな形をしていた。

蓋も嵌め込み式のペコッとしたもので、きちっとはまりすぎると

開けられなくなったりもした。

そんな一つ一つがとてもなつかしい。

サクマのドロップと覚えていたけれど、正確にはサクマドロップと

サクマ式ドロップの二種類あって、缶の色も赤と緑と違っていた。

私は赤色の缶を覚えているから、サクマ式ドロップの方だったんだなあ。

 

流星をドロップ缶に入れられたらどんなにか楽しいだろう。

きっと缶の中でキラキラしながら素敵な音を立てるに違いない。

 

 


Yuki Higano's Official Web Site / Copyright © Yuki Higano / All rights reserved.